インタビュー

【vol.5】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

「愛おしさ」みたいな、あるんですよ私も、静岡に対して。

なんか「ちょっとダサいな」とかあるじゃないですか、絶妙に。(笑)

「それっぽいんだけどなんかちょっと違う」みたいな。(笑)

やっぱそういう地域の、「頑張っていこう」とか「今の若い人が求めてるものって何だろう?」っていうことにすごい迫っていこうとする、この静岡のローカル感がすごい可愛いなって、なんか思いますね。(笑)

楽しいところですよほんとに。

 

こんにちは、Webライターのクロです。

今回対談させていただいたのは、「株式会社ナナクレマ」を起業された武友久美さん。

対談開始から早速「静岡愛」についてお話ししてくださいました。

 

数珠つなぎで静岡で活躍する魅力的な人をご紹介していく本記事。

今回のテーマは「仕事と就活」です。

「自称就活マニア」を名乗る武友さんとの対談を、社会人の皆さん、そして就活生の皆さんにシェアできればと思います。

やっぱり、働くって楽しいです。

 

以前の対談はこちらからどうぞ。

【vol.1】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.2】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.3】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.4】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

 


【Profile】
武友久美(たけとも くみ)
静岡市出身。
1988年生まれ。
2006年タリーズコーヒージャパンに入社。
2013年に同社を退職後。
2013年、25歳で「株式会社ナナクレマ」を設立、起業。
ナナクレマのキャッチフレーズは「出会うべき企業と学生が出会える仕組みとお互いがしあわせに働ける環境をつくる」


>>株式会社ナナクレマHP

 

聞かれることが多い質問なんですね

そうですね、聞かれますしね。

でもなんか(私は)その時々で言うこと違うかもしれないです。

「やりたいことなんてないよ」っていうのは言うんですけど、「見つけるのは大変だよ」っていうのは言うんですけど、アドバイスはその都度違うかもしれないです。

 

その都度アドバイスを変えるのには、何か基準があるんですか?

基本いつもベースは一緒ですけど、すぐ違うこと言うので。(笑)

やっぱなんか自分成長してるじゃないですか。

そう、だから昨日の自分が言ってたことよりも「こっちのアドバイスの方が良いな」ってなったら塗り替えてくので。

「なんか言ってること違うな」はあるかもしれないです。(笑)

 

好きなこと変わりますもんね、だって。

今ここにいて、これやってて楽しいけど、そこで出会った人の良いところ吸収して「なにこれ面白いじゃん!」ってなったらそっちも行きたくなっちゃうし。

すごい一番良いと思います、だから。

「やりたいことがたくさんある人」と「やりたいことがたくさんあるけどやらない選択肢をする人」と「やりたいことぽっぽぽっぽ手にしていく人」は、やっぱ後者の方が絶対幸せだと思いますけどね。

で、違ったら違ったで良いじゃないですか。

「違った」もあるし、やってくうちに変わってくるってのも。

 

就活生に聞かれることが多い質問TOP3は?

えーと、まず1つが「やりたいことがわからない」が入ってるんですよ。

で、もう1つが「採用担当者の人が何を考えているのかがわからない」

で、あともう1つが「自分に合った企業がわからない」

 

同じような質問ばかりですか?

(同じような質問を)する人多いですけどね。

でも、今の時期だと質問の質も違ってくるんで、1年間で。

で、今11月なんで、こういう時期だと就活全体の質問が多いんですよ。

 

なので「この先、どういう企業さんにインターン行ったら良いですか?」とか「自分が何やりたいかってどうしたら見つけられますか?」とか。

ここから年明けて2月3月の一番良いシーズンになってくると、だんだん「面接の時にどうやって何答えれば良いですか?」とか「私服って書いてあったらどうしたらいいですか?」とか実践的になってくるんですけど。

またその実践的な質問がピークの時終わると、だんだん「その内定もらった企業で良いのか?」とか「この企業で本当に良いのかっていうのを自分で判断できません」とか。

 

もうだから時期によっていろいろですけど、おおよそ、その3つですね。

 

2021年、2022年と進むと、就活生の質問内容も変わってくるんですかね

変わってくると思いますね。

就活新人類なので、毎年就活生は。

 

ついつい就活の話ばかりになってしまいました。(笑)

私がマニアなんですよ。(笑)

だからもう自分が(就職活動を)経験してないこともあって、めちゃくちゃ客観的に見てるので。

いろんな情報やっぱ持っててそういう話をいっぱいできるので、前もラジオでずっと喋ってましたけど。

なんかね、ちょっとそういう「(就職活動の)うんちく」みたいな感じですね。(笑)

 

動物に例えると、自分は何だと思いますか?

動物ですか、えーなんでしょうかね。

考えたことなかったですね。

でも、ネコ科の何かだと思います。

んー...トラとか?

ネコ科なんですかね、トラって。

なんかそういう系かなって、ちょっと思う。

 

それはどうしてですか?

そうですね、なんでしょうね。

動物あんまり知らないっていうのもあるんですけどね。(笑)

トラとネコの中間くらいですかね。

なんか、気ままな感じもあるし、獲物を取りに行くみたいな時もあるし、人を待つこともあるしみたいな。

あと、自由気ままなみたいな感じでもありながらも...うーん。

難しいですね、初めてこの質問されました人生で。

以外となんか、ベターな感じですけど、意外と初めてされたかも。

 

感動系の映画やCMでは、けっこう泣きますか?

あーそういうのはすっごい泣きます。

私あの「JTの兄弟の美容院」のやつ知らないですか?CM。

「いつの〜間にか〜ライバルみたい〜」ってやつあるんですよ。

あれとか見ると泣いちゃいます。

「あぁ。良いCMだなぁ」みたいな。

 

対談後記

僕の周りには就活生が多くて、進路や生き方に迷ったり、悩んだりしている人が結構います。

あとは転職についても。

「働く」とか「就職・転職する」という行動に対して、そんなにネガティブな感情を抱く必要はないのだと気づかせてくれた今回の対談でした。

これまでに彼女が繋いできた縁、そしてこれから繋いでいく縁は、さまざまな働き方が確立されつつある今の時代にフィットしているなととても強く感じました。

「仕事って人を喜ばせる以外の何ものでもない」なと、僕も心から思います。

 

武友さん、楽しい時間をありがとうございました!

 

武友さんとの対談まとめ

【vol.1】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.2】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.3】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

【vol.4】自身の経験を静岡で活かす女性経営者・武友久美さん。就活マニアの彼女が企業と就活生の“縁を繋ぐ”

 

  • この記事を書いた人

クロ

1991年10月17日生まれ、静岡市出身。 2017年にフリーランスに転身。 日本各地を旅しながらWebライター、Webマーケター、インテリアコーディネーターとして活動中。

-インタビュー